昭和40年頃の岡山の風景

 

3 岡山市中心街


天満屋百貨店屋上から西方向の眺め、正面左が京山、手前右の建物はセントラル劇場 (昭和38年)


天満屋から北方向 (昭和39年8月10日) 


城下(しろした)交差点、岡山電気軌道(市内電車)の曲がり角  (昭和44年4月26日)


上の写真の続き


内山下(うちさんげ)交差点、中国銀行前の歩道橋から南行き方向、右に乙女食堂、宇野バス、平和タクシーが見えています (昭和44年4月26日) 


後楽園通り、正面の坂を上ると鶴見橋を渡って後楽園に続きます。 (昭和44年4月26日)


南方を流れる西川の上流方向、この先は山陽線とクロスしています (昭和44年4月26日) 


現在県庁が建っている場所にあった岡山市公会堂、解体される直前の写真です (昭和39年8月9日)


柳川筋北行、中鉄バス本社前、前方右奥に中央郵便局と電話局があります (昭和40年夏)


昔の大雲寺町付近(今では町が消えて大雲寺となっています)、道路は拡張工事中、線路は岡山電気軌道の清輝橋線です (昭和40年夏)