昭和50年頃の岡山の風景

 

5 昭和47年 伯備線を走るSL

新幹線が岡山まで開通し、伯備線のSLもこの年を最後に姿を消しました


倉敷駅を出発した伯備線下り列車が山陽本線から分かれて北に向きを変える直前です (昭和47年)


昭和47年 カメラマンが全く居ない倉敷市内日吉付近を走る三重連のD51、もともとSLの三重連は
県境の峠を越えるための編成で、平地を走るのは珍しい風景です (引退直前のサービスだったのでしょうか)


古い墓地の横を走り抜ける三重連D51蒸気機関車と客車 (昭和47年)


伯備線に何時も重連のSLが走っていたわけではありません、普通はこのような列車か気動車(ディーゼルカー)でした(昭和47年)


昭和46年 伯備線のD51重連 倉敷駅にて


同上


昭和46年のD51861 倉敷駅

昭和の終わり頃の岡山鳥瞰


1980年代 (昭和の終わり頃) の空から見た岡山市西部、駅前には「そごう」が入った「岡山ターミナルホテル」の
建物が見えています。偶々搭乗したYS-11が岡山上空を通過したのでパチリ