昭和40年頃の大阪梅田 その1


大阪梅田、阪神百貨店から見た阪急前、まだ歩道橋が無かった頃です、阪急の一階に見えるオレンジ色の汚れはフィルムのカビです。
手前に守口車庫前と大阪駅を結ぶトロリーバスが走っています。トロリーバスはこの先十三を越えて神埼橋まで走っていました  (昭和37年)


この頃、大阪の市電が大阪駅前から姿を消しました。左のサイコロ状構造物は元の市電の信号所(線路の切り替え指令)です


上の写真の数年後ですが、歩道橋が架かり人の流れも変わっています。 (昭和41年頃)


電車の上の汚れはカビです (昭和40年10月)


阪神百貨店屋上、向かいは阪急百貨店 (昭和37−38年頃)


上と同じ阪神百貨店の屋上ですが、遊具などが少し替わっています。 (昭和40年10月)


阪神百貨店から見た曽根崎交差点、ボンネットバスの姿が見えます。この頃は道路に細かいレーンはありませんでした。(昭和40年10月)


梅田から都島通り方向、移設された大阪駅前市電乗り場(終点)が見えています (昭和40年10月)


同上、市電の姿が見えます


梅田から扇町通り方向 (昭和40年)

梅田の国鉄と阪神百貨店の間に初めて架けられた歩道橋からの眺め、 地下鉄谷町線と東梅田駅の地下工事のため駅前の市電乗り場の移転、御堂筋の拡張などが始まり、地下からの排気塔が出来た頃です。正面右は曽根崎警察署、右端が排気塔、左が阪急百貨店、目の前にトロリーバスの架線(碍子)が写っています。 地下工事のため道路は鉄板の上にアスファルトでした。


曽根崎交差点周囲の景色が急に変わりました、御堂筋を下る市電の大坂駅前の乗り場が右端に移設されています (昭和41年3月)


昭和44年の曽根崎交叉点、市電は消えてトロリーバスだけが残っています、退色が激しいネガカラーです