2002年晩秋のウィーン中央墓地 1/2

2002年11月26日、ウィーンの音楽家が眠る中央墓地を歩いてみました、リンクのシュワルツェンベルクプラッツから市電71系統に乗って20分ほど、中央墓地第二門で下車すると中央墓地の正面ゲートです、雲が低く今にも雨が降りそうな天気、使用したカメラはMINOLTAのDIMAGE S304です


中央墓地第2門 Zentralfriedhof 2.Tor 市電の停留所の標識


やたら広い墓地です、これは脇道


中央墓地の真ん中にあるカールエルガー教会


中央墓地32区にある音楽家の墓地、左からベーーヴェン、モーツァルト、シューベルトの墓碑
しかし、厳密に言うとベートーヴェンとシューベルトの墓は移されたもの、モーツァルトのものは記念碑です


シーズン中は観光客の多いこの墓地も、11月末にもなるとひっそりとしてしまいます


シューベルトの墓碑


左がヨハン・シュトラウス、右がブラームスのお墓です、日本のように立て札や案内板はまったくありまぜん


やはり、ベートーヴェンのお墓がローソクやお花が多く、いちばん目立っていました


周りに誰も人影は無かったのにお花は新鮮でした、合掌礼拝・・・