2003年 落葉と雪のウィーン 1/4

 

MINOLTA Dimage S304 で撮影
1 ウィーンの落葉掃除


落ち葉の季節、送風機で道路の落葉を一気に歩道に吹き上げます


その落葉を手早くかき集めて


バキューム車で一気に吸い込みます、この落葉は日本のように焼却されるのではなく、公園に集められて肥料として敷き込まれます

2 市民公園


市民公園のJシュトラウス像、晩秋ともなれば観光客は私独り

3 アルベルティーナ


今年(2003年)から開館したアルベルティーナ宮殿です


入り口の石碑はまだ工事中、翌年の秋に訪れたときには屋根も出来ていました


アルベルティーナの2階テラス、ここが入り口です。このときはミューラー展をやっていました。


アルベルティーナの横には観光バスがどんどん横付けしてきます


アルベルティーナの横にできたモニュメント


アルベルティーナの2階テラスから見た国立歌劇場の裏手です、舞台道具などを運ぶトレーラーが横付けしていました。


歌劇場の横手には今年(2003年)新演出による「ファルスタッフ」のプルミエを中継するためORFの中継車が並んでいました。

4 フォルクスオーパー


開演前のフォルクスオーパー正面、今年から垂れ幕が無くなりました。


フォルクスオーパー壁面のポスター、ヘンゼルとグレーテル、ラ・ボエームなど


今年(2003年)から復活したフロトーの「マルタ」、日本でも知られた「庭の千草」や浅草オペラで歌われた
「爺さん酒飲んで酔っ払って死んじゃった」など懐かしい曲が出てきます
今回はこれも予定に入っています。